電動自転車  自転車 バイク 愛知 日進市 名古屋 試乗 販売 修理

加藤サイクル 日進市 バイク 自転車 電動自転車 販売 修理

加藤サイクルです! 日進市 バイク 自転車 電動自転車 販売 修理
加藤サイクルのこだわり    サービス内容
お出かけ情報
嬉しかった一言              よくある質問
スタッフ紹介・コラム

バイク 日進市 自転車 電動自転車 販売 修理
バイク選びのポイント
新車在庫情報
中古車在庫情報
パーツ・アクセサリー        お買い得バイク
パーツ・アクセサリー・中古パーツ他
モーターサイクルの豆知識

自転車 日進市 バイク 電動自転車 販売 修理
自転車選びのポイント
自転車豆知識
お買い得自転車・パーツ他
通学用自転車
自転車で遊びに行こう

電動アシスト自転車 日進市 バイク 自転車 販売 修理
電動アシスト自転車選びのポイント
知っておきたい豆知識
電動アシスト自転車ご紹介
中古電動自転車、電動車いすなど
バッテリー、パーツ通販
びっくり特価コーナー

愛知県 日進市 バイク 自転車 電動自転車 販売 修理
会社概要・地図
お問い合わせ          サイトポリシー
リンク集
ご意見・ご要望
送料、代引き手数料について

日進市 バイク 自転車 電動 自転車 販売 修理


自転車豆知識

専門的なことではなく、自転車の分かりやすい豆知識など紹介できればと思います



パンクしていないのに空気が抜ける

「パンク修理してください」と持ち込まれる自転車の中にはパンクしていないものが多くあります。
特にしばらくの間乗っていなかったら、空気が抜けていたもの。これは自転車のチューブはパンク
していなくても空気が抜けるのが普通です。

風船が次の日にしぼんでいるのはパンクの穴のせいではなく、風船のゴムは目に見えないような
分子レベルの穴がいっぱいあって、その隙間から抜けています。自転車のチューブも同じです。
チューブでも厚さが薄いものは早く抜けます。あとは虫ゴム。一般的に安い自転車は、チューブも
薄いので早く抜けます。

「私の自転車、しょっちゅう空気入れないといけないけど見てもらうとパンクしていない」なんて人は
チューブの薄いのが使われています。なので、たとえばブリヂストンのウルトラスーパーチューブなんて
ものは1.5mmくらいの厚さがあるので、抜け方がまるで違います。

安い自転車と高い自転車はどこが違うんですか?と、いうことをよく聞かれますがちょっとしたことが
すべてのパーツで違うんですね。まあ、これは通学用とか一般的な自転車の場合ですが、スポーツ
用のロードバイクなどは軽さを求められますから、限りなく薄くて軽いチューブが良いということになり
ます。


ノーパンクタイヤ

 「ノーパンクタイヤの交換できないか」と言われることがよくあります。
 パンクしないのは確かにいいことです。でも今は道路もよくなったし、そんなにパンクしなくなりました。
 ノーパンクタイヤにしたい人は、頻繁にパンクしているんでしょうか?パンクしやすい自転車に乗っている
 ということもあると思います。

 ではパンクというのは、どうしてパンクするのか。タイヤの中に入っているチューブに穴が開くからですが
 一般的にはタイヤに何かが刺さったからだと考えがちですが、パンク修理をしていると何かが刺さって
 パンクしたというのは多くありません。多くの原因は空気圧が少ない自転車を乗って、段差でチューブが
 押しつぶされて穴が開いたとか、空気圧が少ないためにタイヤの中でチューブうが動いてしまい擦れて
 削れて薄くなって穴が開いた、バルブの部分が引っ張られてもげてしまったなどの原因が多いです。

 ではなぜノーパンクタイヤが普及しないのか?販売しているのは大手メーカーではなく、スーパーなどの
 量販店ばかりです。ノーパンクタイヤはタイヤの中にチューブの代わりにウレタンや液体のゲルを流し込
 んで固めるものが多いんですが、空気と比べて当然重くなる。ロードバイクなどはチューブの薄さまでも
 気にするほど軽くします。それくらいタイヤが軽い方が楽に走れるからです。

 ノ-パンクタイヤの自転車に乗ると、とても重いです。もう一つ空気と比べて地面からの衝撃を逃がして
 くれないので車体へのダメージやスポークが折れやすいなどパンクしないこと以外にはいいことがない。
 特別な理由でパンクすると困るもの以外は、良いものではありません。


 まさかのときの個人賠償責任保険

 最近自転車に乗っているときに人にぶつかってしまい大怪我をさせてしまったとか
 最悪の場合には死亡させてしまったなんてことがニュースでも聞くようになってきました。

 ところが、こういったことは以前からあったことで新聞などに載ることがあまりありませんでした。

 また、ケガの場合だけではなく、自動車の横をすり抜けて傷をつけてしまったとか飛び出して
 車のドアをへこませたなんて事例もあります。車と比べると自転車は、多くの場合乗っている
 人が子供だったり、こちらが悪くてもケガをしたということで、自動車側が責任を負う場合が
 少なからずありましたが、最近は過失の割合をきちんと問われる場合が多くなりました。

 朝の通学に猛スピードで走っている学生さんも多いと思いますが、自分の子供が人にケガ
 をさせてしまうかもしれないと思うと心配ですよね?

 そんな時のために自転車保険とか個人賠償責任保険に加入していると安心です。

 自転車保険は自転車に乗っているときの自分のケガや事故の相手に損害を
 賠償する保険です。家族型に入っていれば家族全員に適用されます。

 そして個人賠償責任保険は自転車のみならず国内における多くの範囲で使えます。
 例えばスキーに行ってぶつかって相手がケガをした。飼い犬が他人に噛み付いてしまった。
 買い物中に高価な商品を落として壊してしまった。風呂の残り湯を洗濯機に移すつもりが
 ホースが外れてマンションの下の階の部屋を水浸しにしてしまった。などなど・・。

 そして、この保険は賠償金額1億までOK、1年間の保険料約2,000円と安くて安心の補償額。
 そして生計を共にする家族全員適用ですから入っていて損はないですね。この保険は知らない
 方が多いんですが「お守り代わり」には加入しておくと万が一の時にはとても力強い味方です。

 相手に対しての賠償のみです。自転車専門のお店は損害保険の代理店になっていないところ
 が多いので取り扱っていないところもあると思いますが、単独で入る場合と他の保険(生命保険
 自動車保険)などの特約として加入する場合がありますので、自分が知らないうちに加入して
 いる場合もありますので一度確認しておくといいですね。

  現在個人賠償責任保険は特約としての扱いが外れる傾向にあり、独立した単体の保険だけ
 の扱いの損保会社が増えてきていますので、今まで特約として加入されていた方は、見直して
 おいた方がいいようです。

自転車保険

       

 自転車に乗る場合自動車と同じように、賠償の責任が出る場合があります。
 こんなとき個人賠償保険を紹介しましたが、個人賠償保険は、何かの保険の特約としてしか
 加入できない場合が多く、特約として付けられる本体の保険がない方がいます。

 また、個人賠償保険は賠償保険で自分のケガには担保していません。自分のケガなどの
 傷害保険もついた自転車保険は保険会社が今では扱っていないところが多く、加入できる
 保険がなかなかないのが現状です。

 自転車保険「au損保の自転車向け保険」「ちゃりぽ」は加入も簡単で、保険料も安いのでオススメです。

 加入する場合は上の絵をクリックしてください。加入ページに行きます。

スポーク

 スポークが折れれいるのに1本だけだから直さなくていいという方がいますが1本折れると
 他に負担がかかるので、どんどん折れていきます。そのうちに修正できるものも修正
 できなくなってリムとスポークを全部組みなおさないといけないくらいリムが曲がってしまう
 ことになってしまいます。

 スポークの先はニップルと言うリムにはまったネジがついています。このニップルだけが
 切れていることが、よくあります。この場合はニップルだけを替えれば簡単に直りますが
 ぶらぶらしているスポークを隣のスポークに巻き付けている方が多いんですが、せっかく
 ニップルだけを替えれば簡単に直るのに、スポークまで交換しなくてはならなくなってしまう
 ことになりますので、早いうちに修理してもらいましょう。


 内装3段変速の調整



 乗っているときにギヤが勝手に変わったり抜けるような感じ
 がしたときは、後輪の車軸の右側にかぶっているカバー
 をはずして中を見てください。

 車軸の中に細い棒が入っていますが、この棒には赤い
 ライン(黄色の矢印)が入っています。このラインが2速
 にした時(真ん中のギヤ)車軸の先端にくるようにして
 下さい。1速だと外にあって見えます。2速はちょうど隠れ
 そうになっているはずです。3速だと中に入って見えません。

 オレンジ色の矢印のネジで調節してください。また、この
 金具全体が自転車を倒したときに曲がっている場合が
 あります。こんなときも棒を押す位置が狂うので調整が
 必要です。ギヤのレバーが動かないときも、この金具が
 曲がっている場合や、中の棒が曲がっていることがありま
 す。


内装3段、5段、8段の調整

 内装の変速ギヤの調整が狂っていると走行中に
 ギヤが変わってしまったり異音がしたりします。




 内装の変速時は基本的にペダルを止めて変速して
 ください。







 1のようなカバーが付いた種類の物はこの上に
 説明してしてありますので、2のようなもので矢印の
 ところに透明の窓が付いているものの説明です。






 3段変速の物については3段。5段変速も3段。
 8段は4段にあわせたときに窓に見える黄色のライン
 をぴったり合うようにシフトレバーまたはリヤのシフト
 ワイヤーのアウターを受ける部分に微調整のネジが
 ありますので5の写真のようにずれている場合は
 調整してください。


 調整後もう一度シフトレバーを数回動かして再度
 確認してください。


 写真をクリックすると大きく見えます。

内装3段と5段

 2013年の通学モデルには今まで主流の3段変速
 から5段が主流になりそうです。では、3段と5段は
 そんなに違うのでしょうか。

 3段しかないと思えば、こういうもんだと思って乗って
 いますが、人間人それぞれ力も違います。力の強い
 男の子なんかは3段変速の一番重いギヤでも軽く
 もっとスピードの出る上のギヤが欲しい人も多いで
 しょう。逆に坂がきついのでもっと軽いギヤの欲しい
 人もいるでしょう。

 3段ギヤは1段と2段のギヤ比の差が大きく1段から
 2段に変えると、いきなり重く感じた人も多いかもしれ
 ません。
 格段の差を細かくすることと、全体の幅を増やすこと
 によって、そのときに合ったギヤを選ぶことができます
 同じ5段でもブリヂストンは重い側(速い方)パナソニック
 は軽いほう側にギヤ比を設定しているようです。

リムとスポーク

 自転車の輪には真ん中にハブがあって、そこから細いスポーク
 が出ていて、リムにつながっています。リムにタイヤが付いて
 います。

 リムはスポークに支えられているわけですが、まっすぐに回ら
 ないとタイヤがふらふら揺れてしまいます。よくみるとリムから
 ハブに向かっているスポークは順番にハブの左と右につながっ
 ています。このスポークが左右から引っ張ってリムを固定して
 います。

 左右均等に引っ張っているので、例えば左のスポークが1本
 折れると左から引っ張る力がなくなるので右に引っ張られて
 しまいます。そこの部分だけリムが右側にゆがんでしまい
 ます。

 バランスが狂うので他のスポークにも今までと違う力がかかり
 折れやすくなりますので、折れやすくなります。1本折れたら
 早めに修理したほうがいいです。

小径タイヤの自転車はペダルをいっぱい回さないと進まない?

 小さいタイヤの自転車はペダルをいっぱい回さないと普通の自転車と同じだけ走らないと
 思っている方が多いんですが、ちゃんと設計された自転車はそんなことはありません。

 ペダルについている前のギヤと後輪の真ん中についているギヤは大きさが違いますよね。
 同じ大きさだとペダルを一回まわると同じ1回転します。ギヤの数が前が4倍あるとペダル
 1回転で後輪は4回転します。変速ギヤのついている自転車は後ろのギヤの大きさを変え
 てギヤの比を変えます。変えると後輪の廻る速さが換わりますが、それよりもペダルにかかる
 重さを変えるために変速します。ですからいっぱい回さないとスピードが出ないような自転車
 はペダルが軽すぎて疲れてしまいます。

 ギヤ比とタイヤの大きさで進む距離は変わってきますから、ちゃんと設計された自転車は
 普通の自転車と同じように走ります。タイヤの大きさで変わるのは乗り心地と安定感です。
 小さいタイヤは道路の凹凸をなめるように走るので凹凸を拾ってしまいますが大きなタイヤ
 は小さな凹凸は乗り越えるので乗り心地がいい。小さなタイヤは小回りが利いて漕ぎだし
 が軽い。

 大きなタイヤは直進性がよく安定感もあるが狭いところを走るには小回りが利かないし、
 本体も当然大きくなるので取り回しが悪い。など、どちらも一長一短あるわけです。
 使う人の用途、体格、場所で選ぶのがいいですね。


錆びない自転車

 「錆びない自転車がいい」と言われます。錆びない方がいいですよね。綺麗だし錆びると
 可動部分は動きが悪くなる。アルミでも錆びますがアルミの錆は鉄の錆のように茶色くならず
 白いので目立たないし中まで進行しませんが鉄の錆はどんどん中まで酸化してぼろぼろに
 なってしまいます。

 もっとも中までぼろぼろになるような錆は、よほど手入れが悪いか、その金属の質自体が
 悪いかです。同じ鉄でも質のいいものだと、真っ赤になるほど錆びません。ステンレスなら
 錆びにくいんですが、その中でも18-8ステンレスが(18-10というのもあるようですが高価)
 自転車に使われるステンレスでは最高で、鋼に18%のクロムと8%のニッケルを含むものです。

 厳密には錆びないのではなく錆びにくいステンレスです。ただしなんにでもステンレスがいいか
 というと、ステンレスがいいかというとステンレスは硬い分もろいので、針金状の物だと曲がら
 ずに折れるということがあります。使用する部分によって適した素材があって何でも錆びな
 ければいいというものでもありません。安い自転車と高い自転車とどこが違う?と聞かれる
 事がよくありますが、見た目は同じ自転車でも一つ一つ材料や強度を確かめて作った物
 と、とにかく安く販売できるように作られたものでは長い間使ってみれば雲泥の差が出るのは
 当然なんですね。


後ろのブレーキがうるさい

 自転車のタイヤ交換をしていると、よく「そういえば後ろのブレーキがキーキー鳴ってうるさいから
 油塗っといてくれ」と言われますが、オイルなんかつけたらブレーキ効かなくなってしまいます。

 後ろのバンドブレーキの場合が多いですね。最近の良い自転車はローラーブレーキとか消音
 式のブレーキが付いていますので音はあまりしませんが、安価な自転車には、やはり安価なバンド
 ブレーキが付いていますので音が出やすいです。

 音が出るのはブレーキのバンドの材質やバンドをとめているリベットが出ていて当たっていることが
 あります。交換するしかありません。安く買った自転車なので、みんな交換しません。「こんなこと
 ならいいのを買ったほうが安かった」という方もいます。

 あまりうるさいとブレーキも簡単にかけられません。前だけのブレーキも危険ですので前後ちゃんと
 効かせられるようにしておきましょう。

 ローラーブレーキの場合は普通のバンドブレーキとは違ってグリスが切れるとギーギーと音がしま
 す。専用のグリスを入れると直ります。
 

 「空気が抜ける」パート2

 検索キーワードで「空気が抜ける」「パンクしていないのに空気が抜ける」「空気が入らない」
 と言うのがあまりに多いので、パート2です。

 まず空気が入らないのは、空気を入れても入れる以上に抜ける量が多い時。空気を入れる
 バルブの部分(空気入れをつなぐところ)が詰まっている。そして空気入れが悪い場合。の3つ。

 次に空気は入るけど、すぐ、または時間が経つと抜ける場合。これはチューブに小さな穴が開
 いている。(パンクですね)虫ゴムが悪くなっている。入れてもすぐ空気を入れるところからプシュー
 と抜けてしまうのは虫ゴムが取れてしまっているときです。空気が抜けてしまうときには、一番
 最初に虫ゴムをチェックしましょう。

 そして皆さんが一番困っている「パンクしていないのに空気が抜ける」原因はチューブ自体が
 薄い。粗悪である。と、言うことになります。チューブのゴムの分子の間から、それより分子の
 小さい空気が通って抜けてしまうんです。薄い風船は次の日の朝しぼんでいます。分子の
 大きい窒素
を入れると抜けるのが少なくなります。自動車やバイクの場合には入れる場合
 がありますが、自転車の場合は少ないですね。

 スポーツバイクではなく一般の自転車は、やはり空気が頻繁に抜けるのは面倒ですし、空気圧
 が少ないのがパンクの原因の一番で、タイヤ自体もダメージがあります。タイヤの横が割れて
 しまうのは空気圧が少ないのを乗っていることで起こります。


 「空気が抜ける」

 「空気が抜ける」という言葉で検索している方が多いようです。自転車のタイヤの空気が
 抜ける原因は「チューブに穴が開いている」のがひとつ。穴が開く原因はタイヤに何かが
 刺さったとか、段差をドンと上がったときにショックでリム打ちで穴が開いてしまう場合など。
 そして空気圧が少ないためにチューブがタイヤの中で動いてしまいバルブ付近に寄って
 しまい、チューブが擦れて薄くなって穴が開くこともあります。パンクの原因の多くは空気圧
 が少ないことによるものです。

 そして空気が抜けるのは穴が開いているだけではありません。風船が穴が開いていなくても
 次の日には、しぼんでしまうのと同様に穴が開いていないチューブも少しずつ空気が抜けて
 いきます。たまに補充しないといけません。

 この空気の抜け方はチューブによって違います。ブリヂストンの「ウルトラスーパーチューブ」は
 超肉厚の1.5mm。触ってみるだけで明らかに違います。空気の抜け方も、まるで違います。
 チューブの分子レベルでの細かい穴から抜けているわけです。パンクほど抜けないけれど数日
 たつと少なくなっているのはこの原因が多いです。

 粗悪な自転車は多くの場合薄いチューブで、しかも材質が良くないんですね。触ると分かる
 んですが、弾力がない。このチューブを空気圧の少ないまま乗ると、先ほどのように引っ張られ
 て薄くなって伸びてしまい26インチのチューブが28インチくらいになったまま戻らない。無理やりに
 押し込まないと収まらない。チューブ交換したほうがいいですね。でも、安い自転車にはやはり
 お金もかけたくないということでそのままになるパターンが多くなります。

 虫ゴムの点検もしてください。見た目では悪くなっているのが分からない場合もありますので
 定期的に交換するのがいいでしょう。

 「ポンプで入れても入らない」と言う場合はポンプで入れる量より多くの量が抜けてしまうほど
 大きな穴が開いているか、ポンプが悪くてチューブに空気が入っていない場合のどちらかで
 ポンプが悪い場合が多いです。通常のパンクなら「一旦入るけど抜けてしまう」ということに
 なり、空気圧が上がらないのはポンプが原因の場合が多いはずです。



自転車の保険

 最近「テレビで自転車事故が多く、多額の賠償金の請求がきたと言うニュースで保険に
 入っておいたほうがいいということで自転車屋さんで点検をしてもらうとTSマークをつけて
 くれ、それに賠償保険が付いているらしいから点検して欲しい」と言う方が何人かみえました。

 TSマークには確かに自分の傷害と他人への賠償保険が付いています。しかし、重度の傷害
 などに対応はしていますが小さな一般的なケガや対物には対応していません。自分のケガ
 は相手がいれば相手の保険や自分の生命保険や傷害保険で対応するとして、一番心配
 なのは相手に対しての賠償です。自転車と言えど自動車のドアをへこますこともあるでしょうし
 人に大きな怪我を負わせることも時にはあるかもしれません。

 そんなときに一番簡単でお安く賠償保険に入るのは「個人賠償保険」です。自動車保険に
 特約でつけると便利です。1年間2000円ほどで家族全員適用です。賠償金額は1億から
 無制限。自転車の事故以外にも通常の生活における賠償にも使えます。

 ↓下の「 まさかのときの個人賠償責任保険」を見てください。安心ですよ。


ピストバイク

 最近自転車ブームでピストバイクの事故や取締りなどが報道されています。ピストと言うのは
 簡単に言うと競輪で使っている自転車です。変速ギヤもなし、止まる必要がないのでブレーキも
 なし、普通の自転車だとペダルを止めても走りますが、ピストはペダルを後ろに回せば車輪も
 うしろに回ります。つまりペダルと車輪が直結していますから後ろに力を入れれば止まれないことも
 ありませんが、それはあくまで止まるような速度でのことで、スピードが出ていたら止まれません。

 見た目が非常にシンプルなのでおしゃれでかっこいいと言うことで街乗りをする方がいて取り締まり
 にあっているわけです。やはり危険ですね。誰もいない所で乗るのならかまわないと思いますが一般
 公道では危険です。


フレンチバルブ(仏式)空気の入れ方



 フレンチバルブ用のポンプがあればそのまま入れられますが
 ママチャリ用の空気入れしかもっていない場合にはアダプター
 があれば入ります。





 キャップを取り中の先端のネジを緩めます。
 このネジが締まっていると、どんなにがんばっても入りません。








 緩めると 3 のようになります。









 中でバルブが固着しているので指で一度押さえてやります。
 押さえると中の空気がプシュっと抜けます。ネジを緩めても
 固着しているとなかなか素直に入ってくれません。







 フレンチバルブ用のアダプターを付けてポンプで入れます。
 入ったらアダプターをもう一度はずして中のネジを締めて
 おきましょう。締めておかないと抜けてしまいます。








 これでOK!乗る前には毎回チェックしておきましょう。


タイヤの空気圧

パンクの原因は「何かがタイヤに刺さった」と思って
いる方が多いんですが、パンクの原因の多くは
空気圧の少ないことが原因の場合が多いんです。

低圧で走ると上の図のように、車輪が回転する
たびに道路との接地部分は左右のように繰り返し
サイドの部分は曲がったり伸びたりします。サイド
にヒビが入っているものは、空気圧の少ないのが
原因です。タイヤのヒビは直接パンクにはなりません
が、車輪に駆動がかかっている時、リムが矢印の
方向に動こうとしていても、タイヤはリムに固定されて
いるのではないので、地面についていることで低圧
だと、ずれてしまいます。

この時、中のチューブもずれてしまいますが、空気を
入れる部分はリムに固定されていますので、その片側
に寄ってしまってしわになります。このしわの部分が
擦れて穴が開いてしまいます。

また、この時タイヤとチューブが動いて擦れるので
削れて薄くなってしまいます。低圧で乗り続けたものは
チューブの削れたゴムがタイヤの中にいっぱいあります。

また、低圧で段差などを乗り越えたときには、チューブが
リムとはさまれて穴が開いてしまいます。このときの穴
は並んで2つの穴がハの字に開きますので見るとすぐ
分かります。適正な空気圧を心がけることで、パンクの
大半は防止できます



最近多い自転車の事故
添付資料
 通学は朝に急いでいるので、特に男の子はスピードを出します。また、スポーツサイクル
 のブームで休日には多くのサイクリングの人を見るようになりました。
 また、女の子でも携帯電話片手に自転車を乗っているのも見かけます。自転車も人
 にケガをさせると多額の賠償金を請求されることがあります。先日通学用の自転車
 を購入していただいた方に「個人賠償保険」と言うのに入っておくといいですよと説明し
 「他の人にも教えてあげてください」と言うと「うまく説明できないから、まとめて書いて
 欲しい」と言われました。では、ということで書いてみました。左のPDFをクリックして
 見てください。お守りになると思います。

ラピッドファイヤー

 MTBとかクロスバイクに多く使われている変速のレバーはシマノのラピッドファイヤーという
 二つの指でカチカチと動かすものが多く使われていますが、以前は変速の各ギヤに合う
 ところに自分でレバーを合わせてやらないといけませんでしたが、これは位置が決まるので
 便利です。

 ところが長い間使っていないと、上げるのは上がるけど下げるときにうまく下がらないとか
 半分くらいしか使えないということがあります。これはレバーの中のグリスが硬くなってラチェット
 が効かなくなってしまっていることが多いんです。先日も「自転車屋さん何件も行ったけど
 「ウチでは直らない」と言われたという方がいました。

 ラピッドファイヤーのレバーは内部に細かいパーツやスプリングなどが入っていて、ばらすと
 パーツがばらばらになって組み立てるのが大変です。

 こんなときにはヘアードライヤーでレバー全体を暖めてみましょう。硬くなったグリスを溶かして
 柔らかくしてやるんです。ドライヤーですからプラスチックのパーツが溶けるほどにはならないと
 思います。温めながらレバーを上げたり下げたりしていると動くようになることがあります。この
 ままほっておくと、またグリスが固まってしまうといけませんので、パーツクリーナーなどで洗い流
 してやり、柔らかいオイルをつけておきましょう。

 ばらすと組み立てなくなる心配がありますから、まずこの方法でやってみましょう。意外とうまく
 場合が多いですよ。



自転車保険

 自動車保険は自動車に乗っている方の多くが加入していると思います。自転車の場合も
 人にぶつかって怪我をさせれば、当然賠償しなければいけない場合が出てきます。

 自転車の場合は、今までどちらかというと自分がケガをした場合のために保険に入る場合が
 多かったんですが「自転車保険」は自分のケガや相手に対しての賠償を補償していました。

 ところが、最近多くの損保の会社は「自転車保険の取り扱いをしなくなったところが多くなりました。
 自分のケガなら他にも保険がありますので、賠償だけには備えておいた方がいいですね。

 個人賠償保険は自転車に乗っているときだけでなく、日常の生活中に賠償の責任
 が出た場合、例えば「飼い犬が他人に噛み付いて怪我をさせた」「子供が石を蹴飛ばしたら車に
 当たって傷ついた」などの場合にも使えるので、日常生活の強い味方です。

 この個人賠償保険は自動車保険に特約として付けられ、自動車保険につけると
 示談交渉がついてくるというメリットがあります。知らないうちに加入している方が案外多いん
 ですが、自分が加入していることを知らなければ、せっかく加入しているのに、イザというときに
 使わないで済んでしまうことになりますので、もう一度確認しておくといいですね。



盗難されやすい自転車

 「新しい自転車だと盗難される」ことを心配される方が多いんですが、自転車を盗難は
 自転車の新しい、古いよりも「錠の甘さ」が問題です。自転車泥棒は「自転車を自分の
 物にして使いたい」というよりも「ちょっとそこまで、乗って行きたい」ということのほうが多く
 「盗りやすい」物を選びます。

 キーが付けっぱなしとか簡単に壊せそうな錠のついたものが狙われます。

アルミリムとステンレスリム

 タイヤがついている金属製の輪が「リム」ですが、アルミ製とステンレス製があります。
 ステンレスではないメッキの物もありますが、よほど安価なものか子供車くらいしか
 使われていませんが、アルミ製は軽いのでスポーツ用の物に使われています。

 ステンレス製はアルミと比べると重いんですが、通学用などの丈夫さを求められる
 ものには適しています。アルミでも二重構造になって強度を増したものもありますが
 ステンレス製のいいのは丈夫で、汚れないところです。

 特に前輪はリムにブレーキゴムを押し付ける構造のブレーキが多いので、安価な
 アルミ製のリムは雨の日などに黒い汚れた水が出て前輪の周りが真っ黒に汚れます。
 通勤通学にはステンレスリムのほうがいいですね。

チェーン調整

 チェーンは自転車を長く使っていると伸びてきます。
 時々調整してやらないと、緩んで外れてしまいます。
 チェーンが伸びたときはチェーンを短くしてやるのではなく
 後輪を後ろにずらしてやることにより、緩みを調整する
 ことができます。

 左右の車軸のネジを緩めて、黄色の矢印のナットを
 締めこむと後輪が後ろに引っ張られます。すこし遊びが
 あるくらいで調整してください。引っ張りすぎると重くなって
 しまいます。左右同じように調整してください。



 自転車がまっすぐ走るワケ

 手放しで乗っても自転車がまっすぐ走るのは、
 自転車がまっすぐ走ろうとするようにできているからです。

 自転車やバイクのフロントフォークは前に突き出して
 いますが、この角度をキャスター角(A)といって、これが
 あるためにフォークが回る軸の地面との交わる点と
 タイヤの接地する点に差(B)が出ますが、これが前輪を
 まっすぐにする作用をします。接地面が後ろに引っ張
 られる感じですね。スーパーマーケットのカートの前輪
 のような感じになります。

 このキャスター角が大きいと(前に突き出すと)直進性
 が増します。直進性が良くなり過ぎると旋回性は悪く
 なります。

 アメリカンのバイクは前に突き出しているので高速道路
 で長距離を走る場合は楽ですが、ワインディングロード
 を走る場合はレーシングタイプのキャスターが立ったもの
 のほうが得意です。

 

 

 自転車で何かに激突してフロントフォークが曲がってしまうと
 キャスター角が立ってしまうので、直進性がなくなってしまいます。

 油断すると転んでしまいます。曲がったままでは金属疲労もあります
 ので、次にショックを受けた場合には折れてしまうかもしれません。

 意外と曲がっていても知らずに乗っている人もいますが、乗りにくいなあ
 と思ったら、フロントフォークが曲がっている場合がほとんどです。


 エアポンプ

 「空気を入れようとしたけど入らないからパンクしているみたい」と修理にこられる方の
 自転車はパンクしていない場合が少なくありません。パンクの多くは、そんなに大きな
 穴が開いているわけではなく、空気を入れると早くても数分抜けるのに時間のかかる
 小さな穴が多いんです。

 もちろんあっという間に抜けるような大きな穴が開いている場合もありますが、何日も
 乗っていなかった自転車が空気が抜けていた場合など、何もしないのに大きな穴が
 開くことは通常ありません。普通は空気を入れると徐々に抜けて生きます。それが
 空気が入らないというのは「ポンプ」に問題があることが多いんですね。もう一度ポンプ
 を見てみるか他のポンプで入れてみましょう。虫ゴムの点検もお忘れなく。


COPYRIGHT(C)2006 株式会社 加藤サイクル ALL RIGHTS RESERVED.